見守りサービス選択の決め手

高齢者見守りサービスと一口に言っても、
どのサービスを選べばよいのか、やはり迷うと思います。

見守りサービスを選ぶ場合の決め手は
今必要なサービス、
近い将来必要になるであろうサービスを、
より多く、そして迅速に、適正な価格で提供している会社
を選ぶことだと思います

自立した生活を送っていて、
 生活反応のみまもり程度で良い場合は

・らくらくホンdocomo(ドコモ)の「いきいき歩数(無料)」
・東京ガスのみまもーる
・象印のipot

持病がある場合や、緊急時に知らせるサービスも必要な場合は、
セコム(SECOM)
アルソック(ALSOK)

徘徊(はいかい)の心配がある場合は、
・ココセコム(SECOM)位置情報確認・緊急通報

まずは、各見守りサービスの特徴を知ることが大事です。

チェックポイントは、
どの程度のみまもりを希望しているのか
必要なサービスは何か
かかる費用(利用料)と予算は見合うか


費用を心配してしまいがちですが、
今は様々なサービスが開始されているので
まずは情報を集めましょう。

そして、ある程度方向性が決まったら
価格や仕様を知るためにも、資料を請求してみましょう。

資料請求の際は、必ず数社から資料を取り寄せ、
様々な角度から比較検討なさることをお勧めします。

価格・仕様に加え、スピード・資料請求後の対応もチェックします。
スピードは重要。
その会社のサービス知るための大きな要素になります。
 
  【資料請求先はこちら】

  ⇒ALSOKみまもりサポート
 

  ⇒セコムの高齢者緊見守りサービス


  ⇒位置情報提供・急行サービス【ココセコム】
 

      ※各社の料金は変更の場合もあるので必ずご自身で確認願います

posted by 高齢者みまもり at 23:57 | 見守りサービス選択の決め手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント


Copyright © 高齢者見守りサービス比較サイト All Rights Reserved.