SECOM(セコム)の安否確認メリット・デメリット

SECOM(セコム)の安否確認サービスを検討するとき
やはり「メリット」と「デメリット」を考えると思います。

私も高齢の母の見守りサービスを比較検討する際、
どのようなメリットがあり
どの点がデメリットなのかを調べてみたからです。

SECOM(セコム)の安否確認サービスの「メリット」


 ・一定時間動きが確認できない場合、
  自動的にセコムに信号を送るので、
  早い段階で異常がわかり、早期対応できる。

 ・全国に2830箇所の緊急発進拠点があるため、駆けつけが早い

 ・何かあった時セコムに緊急信号を発信でき、出動を要請できる。
 (「マイドクター」「マイドクタープラス」へのオプション契約が必要)

 ・「マイドクタープラス」を携帯する事で今どこにいるかがわかる



SECOM(セコム)の安否確認サービスの「デメリット」

 ・利用料金が高め
 (「セコムホームセキュリティサービス」+「マイドクター」で月額6300円〜)

 ・初期費用が必要

 ・センサーやカメラを設置した場合はプライバシーの問題がある




シニアの見守り(高齢者みまもり)サービスも色々出てきましたが、セコムを選んだ人に理由を聞くと、一様に返ってくる答えがあります。

発信拠点が多く、すぐに駆けつけてもらえる

というものです。
経験と実績もセコムというブランドの特徴ですが、
全国に2830箇所の緊急発信拠点をもっている
というのは大きなポイントなんですね!

「安否確認」「見守り」だけでは限界があります。
一歩進んで、緊急時の対応も視野に入れるのなら、
セコムの高齢者向け見守りサービスは一考の余地があると思います。
 
  【資料請求先はこちら】

  ⇒ALSOKみまもりサポート
 

  ⇒セコムの高齢者緊見守りサービス


  ⇒位置情報提供・急行サービス【ココセコム】
 

      ※各社の料金は変更の場合もあるので必ずご自身で確認願います

posted by 高齢者みまもり at 17:00 | セコム(SECOM)の高齢者見守り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント


Copyright © 高齢者見守りサービス比較サイト All Rights Reserved.