セコム(SECOM)アルソック(ALSOK)を比較

セコム(SECOM)アルソック(ALSOK)を比較してみると、
それぞれに特徴があり、高齢者を対象とした見守りにも違いがあります。


セコム(SECOM)の特徴

セコムには4つのシニア向け(高齢者見守り)サービスがあります。

セコムマイドクタープラス
セコムマイドクター
ココセコム
セコム無線画像伝送システム

2014年から「マイドクタープラス」のサービスが始まり、
専用端末を利用することで、外出先にも緊急出動が可能になり
セコムの見守りサービスも充実してきました。

セコムの大きな特徴は
全国約2,830カ所に緊急発進拠点があること

業界最大の緊急発進拠点数で小エリア化してるので、
駆けつけるスピードが違います。





シニアを対象にしたサービスはそれぞれに特徴があり、
安否確認や見守りの内容が違っています。

たとえば急な発病やケガの対策には、
ボタンを握るだけで、救急信号をセコムに送信する
⇒「マイドクター」。

自宅のや外出先でも利用でき、専用端末から看護師に
健康相談などもできる、救急通報サービスの
⇒「セコム・マイドクタープラス

急な病気や徘徊・認知症の方の現在地がわかり
本人や家族の要請で24時間セコムが現場に急行してくれる
⇒「ココセコム

監視カメラと通知ボタンを設置し、
指定した家族間で見守りを行う
⇒「セコム無線画像伝送システム


【資料請求先(無料)はこちら】
セコム・ホームセキュリティ資料請求
  


お年寄りの徘徊にお悩みの方へ【ココセコム】資料請求
  



アルソック(ALSOK)の特徴

アルソック(ALSOK)「見守り情報配信サービス」

 空間センサーによる見守りと、
 緊急時の出動が特徴です。
 
 非常通報で即時対応、アルソックのガードマンが急行します。
 オプション(有料)ですが、見守る側の依頼で確認のための急行も可能。
 現場急行サービスは、駆けつけられない距離に住む家族にとって
 一番必要なサービスだと思います。

【利用料金】
 マンションタイプ・一戸建てなどで価格設定あり。
 『ゼロスタートプラン』を利用すると、月額は少々高くなっても
 工事費・機器購入代金などの初期費用が不要です。


◆比較のポイント・・・

セコムに関して言えば
全国約2,830カ所に緊急発進拠点がある点が大きなポイントです。
要は、緊急時にどれだけ対応ができるかということ。発信拠点の多さはセコムの大きな強みです。

セコム(SECOM)は、圧倒的に多くの緊急対処実施ケース、
豊富な経験で培った緊急時の対応力に定評があります。

セコム(SECOM)の高齢者見守りサービスは確実に進歩しています。


アルソック(ALSOK)に関して言えば
空間センサーを使用するので、GPSやカメラに比べて
見守られる側のプライバシーが守られます。

緊急時の出動に加え、オプション(有料)ですが、見守る側の依頼で
確認に急行してもらえるのは比較ポイントになります。
連絡が付かないなど安否が心配な時、駆けつけられない距離に住む
家族にとって、一番必要なサービスだと思います。


重要なのは、
今必要なサービス、
近い将来必要になるであろうサービスを、
より多く、そして迅速に、適正な価格で提供している会社を選ぶことです。

資料請求の際は、必ず数社から資料を取り寄せ、様々な角度から
比較検討なさることをお勧めします。
価格・仕様に加え、スピード・資料請求後の対応もチェックします。

スピードは重要。
その会社のサービス知るための大きな要素になります。

 
  【資料請求先はこちら】

  ⇒ALSOKみまもりサポート
 

  ⇒セコムの高齢者緊見守りサービス


  ⇒位置情報提供・急行サービス【ココセコム】
 

      ※各社の料金は変更の場合もあるので必ずご自身で確認願います

posted by 高齢者みまもり at 00:56 | セコム(SECOM)とアルソックを比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


介護施設・老人ホーム情報  高齢者向け優良賃貸住宅
有料老人ホーム『入居一時金』  シルバー110
介護リフォーム助成金  シニア住み替え
高齢者見守りSECOM・ALSOK  斎場・葬儀社選びのポイント


Copyright © 高齢者見守りサービス比較サイト All Rights Reserved.